肩こり・五十肩

  • それは座骨神経痛ではありませんか?
  • 歩くと足に激痛が走る
  • 手足やおしりにしびれや痛みがある
  • 足に力が入らない
  • いつ痛みが出るかわからないので憂鬱

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛は普通の腰痛ではありません。
皆さん良く、腰痛だと思い込んでいるのですが、坐骨神経痛は何らかの原因で坐骨神経が圧迫され、
お尻から太腿の後ろ側にかけて痛みや痺れが生じます。

症状が悪化すると手足の痺れが酷くなったり、脚に力が入らなくなります。

坐骨神経痛は、手術などで改善される方も多いのですが、電気鍼や筋肉を調整するマッサージで、
圧迫されていた坐骨神経を正し、負担を軽減することができます。
坐骨神経痛で悩んでいる方は一度、いしはらはりきゅう整骨院にお越し下さい。

 

当院の施術法

鍼当院では坐骨神経痛の場合、痛みのでる”圧痛点”
の改善に鍼を行ないます。
坐骨神経痛に効くツボにも鍼を行います。

痺れや痛みが取れたら、機械で揉み解し、
手技で微調整をしていきます。

なかなか1回では痛みが取れても根本改善には
なりませんので、痛みが取れても根気強く通うことを
オススメします。

 

坐骨神経痛 症例集

西淀川区 50代女性 

坐骨神経痛で何ヶ月か整形外科に行って、リハビリと痛み止めをもらって、治療を続けていたのですが、全く痛みが改善せず、尻から足先に関して痺れが強くある状態で、脚をつついても感覚がない状態で、脚を引きずるように来院されました。

痺れの範囲が広かったので、坐骨神経痛は痛みのでる圧痛点があるのですが、そこを中心に鍼をさせていただきました。坐骨神経痛に効くツボにも鍼を行いました。

週に2日の治療でお尻の痺れと痛みが改善されていき、そのまま2ヶ月来院されました。
お尻・膝・足首・足先と痛みが上から順番になくなり痺れも改善されました。

2ヶ月で完治され、駆け足もできるようになり、夜も良く眠れると喜んでおられました。

西淀川区大和田 60代女性

坐骨神経痛の方は神経痛になった直後にはなかなか
いらっしゃいません。たいていの方は病院に行っても治らないので
来られます。

この方は、整形外科で痛み止めのブロック注射を3,4回受けたそうです。
(鍼の痛みはブロック注射よりよっぽど楽ですよ)

坐骨神経痛の周りの患部の筋肉を緩めました。この方は他にも腰や足の筋肉の張りが酷かったので、同時に腰や脚の筋肉の張りを緩めました。

最初は鍼が怖いと言っていたのですが、やってみると怖くもないし、痛くもないと喜ばれました。

週1回、2ヶ月くらい通っていただき、ほぼ痛みは改善したのですが、慢性的な痛みだったこともあり、膝から下の痺れがなかなか取れにくかったので、鍼に電極をつけて電気鍼を行い
改善しました。

TOPへ戻る